地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎市麻生区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

川崎市麻生区の地域情報サイト「まいぷれ」

Cute Movies

彼女がその名を知らない鳥たち

最低な人間たちがあぶりだす”究極の愛”の物語

2017年10月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー<br>(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
2017年10月28日(土) 新宿バルト9他全国ロードショー
(C)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
彼女がその名を知らない鳥たち
出演:
蒼井優 阿部サダヲ
松坂桃李 / 村川絵梨 赤堀雅秋 赤澤ムック・中嶋しゅう / 竹野内豊
監督:白石和彌
原作:沼田まほかる「彼女がその名を知らない鳥たち」(幻冬舎文庫)

ストーリー

八年前に別れた男・黒崎を忘れられない十和子は、今は15歳上の男・陣治と暮らしている。
下品で、貧相で、地位もお金もない陣治を激しく嫌悪しながらも、彼の稼ぎで働きもせず日々を過ごしていた。ある日、十和子は黒崎の面影を思い起こさせる妻子ある男・水島と関係を持ち、彼との情事に溺れていく。そんな時、家に訪ねてきた刑事から
「黒崎が行方不明だ」と知らされる。
どんなに足蹴にされても文句を言わず、「十和子のためなら何でもできる」と言い続ける陣治が、執拗に自分をつけ回していることに気付いた十和子は、黒崎の失踪に陣治が関わっているのではないかと疑い、水島にも危険が及ぶのではないかと怯え始める――

記者の見どころ

『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』などの白石和彌監督による最新作『彼女がその名を知らない鳥たち』。今年9月に『ユリゴコロ』が公開されたことも記憶に新しい作家・沼田まほかるのベストセラー・ミステリーが、豪華キャストにより映画化された!

“恋”ではなく“愛”を描いた、大人のラブストーリーだ。R15指定も納得の刺激が強い性愛描写を含む、ドロドロと生々しい作品に仕上がっている。
共感度0%、不快度100%、なのに何故か心の奥まで届いてくる不思議な作品だ。実録路線の作品が多い白石監督の、新境地といえる作品と言えるだろう。

蒼井優、阿部サダヲ、松坂桃李、竹野内豊。それぞれが、共感度ゼロのイヤな人物を演じた。思わず顔をしかめてしまうようなシーンも多数あるものの、目を背けたいのに先が気になってしまう、そんな不思議な魅力を持った作品だ。序盤からイヤミ節全開の蒼井優、一挙手一投足が不潔な阿部サダヲなど、豪華キャストのマイナスに振り切った演技は大きな見どころだ。

しかし、いやだからこそ、阿部サダヲ演じる陣治のひたむきさが美しくみえる。不潔で下劣な男が最後に取った行動は、愛か、狂気か。イヤミス(=読後にイヤな気持ちになるミステリー)の先に待ち受ける衝撃の結末に、あなたは耐えられるか。

Text by EISUKE