地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎市麻生区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

川崎市麻生区の地域情報サイト「まいぷれ」

フラッシュ暗算で脳トレ(HPより)こういう計算技能は知っていますか?

 高石珠算教室のニュース

フラッシュ暗算で脳トレ(HPより)こういう計算技能は知っていますか?
フラッシュ暗算で脳トレ」・・・こういう技能を身につけてみませんか?

10個の数秒だけ見えた数字の足し算を頭の中で計算できますか?」 4月の教室でのフラッシュ暗算検定はたくさんの受験者がありました。フラッシュ暗算は、「目で見た数字を、頭の中で瞬時に計算する技能」ですが、一種の「脳トレ」といってよいものかもですね。TVでもスーパーキッズの計算技能として取り上げられることも多々あります。 できるようになると、3桁でも4桁でも、それも10口(個)や15口(個)の画面にでてくる数秒の数字を頭の中で計算できるようになります。

教室では、珠算の8級クラスに到達した人から検定に挑戦し始めます。最初の検定の10級ならば、1桁の4口(個)からの計算ですので、易し過ぎる人もいます。その場合は、少し上からチャレンジとなります。練習も一人でできるもので、頭の中でそろばんの珠を動かせる人で、そろばんの珠を記憶したままのトレーニングができるようになるとあっという間にレベルが上がります。目安として、2桁10口の数字を計算できるようになれば一つの技能と言えると思いますが、やはり3桁10口はクリアしてもらいたいですね

そろばん技能の中でフラッシュ暗算は「パソコンやスマホを使ってマスターできる技能」ですので、他の人と違った技能として習得するには「時代に合った計算技能」と言えるかもしれません。今回の教室の検定では、1級合格の2名から10級の4名合格まで計24名の合格者でした。10問中8問以上の正答率(80%以上)が必要ですので、数字で計算をしてしまう人(それでもできないというわけではありません)とケアレスミスが多い人は連続で不合格の人もいますが、基本のやり方をマスターした人は連続で合格しています。得意、不得意がでる種目かもしれませんが、是非とも全員がマスターしてほしい計算技能ですね。

高石珠算教室HP

カテゴリ

最新のニュース一覧へ
口コミ

このお店・施設に行ったことがありますか?

あなたの体験や感想を投稿してみましょう。