地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、川崎市麻生区の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

川崎市麻生区の地域情報サイト「まいぷれ」

かわさきマイスター紹介

美容師 榎本 かつ子さん

たゆまぬ努力で感性を自在に表現

榎本さんは開業当初からシャンプー、セット、メーク、着付けなどをすべて一人で行っているオールマイティーな美容師です。手際がよくスピーディー、的確な仕事で、着付けとアップでも所要時間は約30分しかかかりません。和装の髪型と着付けを得意とし、着付けでは「楽に、苦しくなく、着崩れせずに」をモットーに、紐や帯の締め方に独自の工夫を凝らしています。
プロフィール
榎本 かつ子さん

福島県出身。高校卒業後、親戚を頼って都内の美容室で住み込みで修業。働きながら美容師の資格を取得し、1968年、21歳の時に川崎駅近くにすみれ美容室を開業する。以来、一日で28人の髪を結うなどの経験を重ね、確かな技術と抜群のセンスで遠方の客も含めて多くの顧客の信頼を得ている。自身の技能を向上させるための努力を怠らない一方で、業界の講習会で積極的に講師を務めるなど、後継者の育成にも熱心。ご本人曰く、性格は「口べた、うぶ、純情、気が小さい」とのことだが、飾らず朗らかな性格も人気の理由。平成21年度認定かわさきマイスター。
これは、榎本さんの技能を紹介する動画です。クリックしてご覧ください。

榎本さんについて教えてください

始めるきっかけは何でしたか?

子供の頃からデザインすることが好き。特にお花が好きで、庭にいろいろな花を育てて、それで遊ぶことが好きでした。美容師になろうと思ったきっかけは、中学2年生の時に、姉のお友達で大好きだった看護婦さんから、「女の人でも手に職を持っていると食いっぱぐれなくていいわよ」と聞いて。それで、看護師か保育士か髪結いかと考えて、自分でデザインすることが好きだから、やはり髪結いになろうと決めました。

やっていて一番面白いと感じることは何ですか?

髪型でも帯結びでも、自分でデザインして、仕上がった時が一番幸せです。明治座や国立劇場で束帯や十二単のショーがあって、その舞台で仕事をさせていただいたことは、お店ではできない仕事なので、とても印象に残っています。一番嬉しいのは、コンテストに出て優勝した時。それから、人の話を聞くことが好きです。お客さんとお話しすると、いろいろなことを教えてくれます。

長年、継続して技能研鑽に努めることが出来たのはなぜですか?(他の道に行こうと思わなかったのですか?)

美容師にとって大切なものは感性。感性がない人はデザインができませんので、感性は絶対です。私はデザインが好きなので、他の道に行くことは全然考えませんでした。このまま死ぬまで美容師を続けるつもりです。
榎本さんが作る逆毛は、根元からしっかり立てるので崩れません。
榎本さんが作る逆毛は、根元からしっかり立てるので崩れません。
熟練の技術でカット、ブロー、セットを15分とかからず仕上げてしまいます。
熟練の技術でカット、ブロー、セットを15分とかからず仕上げてしまいます。

苦労したことはありますか?

仕事を大変だと思わないので、苦労はありません。全部プラス思考で考えるので、苦を苦と思わないんです。嫌々やったら疲れるし、自分が仕事を好きにならなければ、絶対にいい仕事はできません。だから、趣味を聞かれたら、「仕事」と答えています。仕事は本当に楽しいですよ。お客さんから、私が楽しく仕事をするので、すごく安心する、と言われます。

自分が誇れる、自信のある卓越した技能を教えてください

カットの際に水代わりに栄養剤を使っているため、ハサミがすぐに傷んでしまうそう。ハサミは日本製の高級品。
カットの際に水代わりに栄養剤を使っているため、ハサミがすぐに傷んでしまうそう。ハサミは日本製の高級品。
常に勉強だと思っているので、自信はありません。着付けの恩師がいて、その先生がいるから現在があると思っています。今でもその方のところへ通って勉強しています。強いていえば、仕事が早いことでしょうか。それに、特に考えなくても、仕事をしながら自然とデザインが出来上がってしまいます。成人式などで予行練習をする美容師さんもいると聞きますが、初めて来たお客さんの顔に合わせてその場でやるのが手仕事だと思います。

ものづくりについて教えてください

ものづくりの魅力を教えてください

いろいろなデザインが完成することが一番楽しいです。

後継者を育成するため、何に取り組まれていらっしゃいますか?

オリジナルデザインのお太鼓結びの変形。
オリジナルデザインのお太鼓結びの変形。
今はアップもできない、床屋のような美容院が多いですが、美容師の素養は結い上げや着付け、メイク、すべてができること。そうした技術を伝えたいと、着付け教室や講習会を開いて、若い人たちに教えています。

これから「ものづくり」を目指す方たちへアドバイスをお願いします

全く櫛を使わずに即興で仕上げた編み込み入りシニヨン。
全く櫛を使わずに即興で仕上げた編み込み入りシニヨン。
自信過剰にならず、常に勉強と心掛けて、教わり上手、習い上手であることが大切です。わたしは着付けの恩師から沢山のことを教わり、人間関係が大事だということをすごく学びました。美容学校で勉強したから全部できると思わず、いろいろな人と出会って、話をして、学ぶという姿勢が大切だと思います。そして、自分を押し売りするのではなく、お客さん、人の心を読み取ることが大切です。人間は穏やかでないと、人がついてきません。

最後にこれからの活動について教えてください

日本文化であるアップスタイルや着付けの技術を、若い人たちへ伝えていきたいです。

お客さんを待たせたくないと、予約は一切とりません。
お客さんを待たせたくないと、予約は一切とりません。
どうもありがとうございました。
お客さまが「パワーをもらう」と言うぐらい、明るく朗らかな榎本さん。しかし、楽しい接客の傍ら、流れるような手並みは一度も止まることがありません。お客さんに一番似合う髪型へ瞬く間に仕上げてしまう技量とセンスは、さすが繁盛店のマイスターです。

川崎市の技能者や職人の皆様を紹介する映像番組「The 職人魂」でも、紹介されました。

【問合せ先】
すみれ美容室
   
■営業時間  9:30~18:00
■休み    火曜、第2、第3水曜日